スポーツ支援事業

コペルニクス株式会社では、スポーツの教育を支援する事業を行っています
スポーツ指導の現場では、子どもたちに過度な負荷をかけて練習させてスポーツ障害を引き起こしたり、理論的ではない非効率的な指導を続けている現状があります。

「たくさん練習したほうが偉い」とか苦労したほうが成長するといった考えに陥りがちですが、これからは選手本人が「考えて」成長し続けることが大事です。

また、子ども達はやる気を伸ばしてあげればすぐに成長します、子ども達に「must」や「have to」ではなく「want to」を促してあげるのが最も重要です。

子どもたちのやる気を引き出してあげて、技術的なティーチングと目標実現へのプロセス設計を手助けします。

スポーツチームの中でも、活発に楽しんで練習に取り組む子どももいれば、コツコツと堅実に取り組む子供もいます。このような特性の違いを理解してあげることで、指導の仕方も変わります。

AI特性アシスタンスでは、チームに属する子どもを分類し、それぞれに合った指導の仕方をアドバイスします。たとえば下記のような分類ができます。

子ども達それぞれに合った指導をして、自分のマインドセットを持ってもらうために、まずは指導者から考え方を変えなければいけません。

マインドセットは勉強でも仕事でも全てに共通します。スポーツを通じて考え方を変えていってほしいのです。

元西武ライオンズの野球選手でありチームリーダーとして活躍した石毛宏典さん、元中日ドラゴンズで最多勝を獲得した小野和幸さんに動画に出演していただいています。

元プロ野球選手の指導を動画で学ぶことができます。また、これまで数々の質問に答えてきた石毛宏典さん、小野和幸さんのQ&A集なども動画で確認することができます。

Android、iPhoneから専用アプリで動画を送信すると、AIが動画を解析して動作を改善するためのレッスン動画をオススメしてくれます。